出張で賢く使う!LCC航空会社のメリット

出張で格安航空券を利用してみませんか?メリットがたくさんあります。 - 出張で利用したいスカイマークの特徴

出張で利用したいスカイマークの特徴

1996年に旅行会社エイチ・アイ・エスの出資によって誕生したスカイマーク。スカイマークは日本のLCC業界の先駆け的な存在です。2015年1月末に経営破綻しましたが、民事再生法の適応を受けて現在でも運行しています。スカイマークの特徴について知っておきましょう。

離発着のある空港

スカイマークの離発着がある空港は国内で9ヶ所です。
「東京(羽田)」「神戸」「札幌(新千歳)」「福岡」「沖縄(那覇)」「名古屋(中部)」「茨城」「長崎」「鹿児島」

手荷物について

スカイマークが無料で受け付けている受託手荷物は、1人当たり20kgまでです。重量の上限は1個あたり32kgまでと制限されています。個数の制限はありませんが、20kgを越える受託手荷物は重量超過10kgごとに1,000円の手数料がかかってしまうため注意しましょう。

定時出発率が向上している

飛行機を利用した出張で避けたいことは、飛行機の遅延です。2014年には80%台の定時出発率を推移していましたが、2015年4月以降は業務のシステム化や乗務訓練の改善などの成果があり、90%を上回るようになりました。格安航空券を手に入れて会社の経費を抑えても、大事な商談に遅刻していては本末転倒です。LCCを利用する際には、定時出発率を確認しておくことをおすすめします。

LCCらしからぬ高サービス

スカイマークは低価格化を実現しながらも、サービスの良さに好評をはくしています。特に注目を集めたのが、2014年8月に導入された機内無料インターネット接続サービス「SKYMARK FREE Wi-Fi」です。出張で目的地に到着するまでの数時間のあいだにメールのやりとりなどの仕事が、機内で可能なのは出張者にとってはありがたいものです。