出張で賢く使う!LCC航空会社のメリット

出張で格安航空券を利用してみませんか?メリットがたくさんあります。 - 出張の移動を快適にする心得

出張の移動を快適にする心得

出張で普段とは違う街で過ごすことは、仕事の大きさによってはストレスになる可能性もありますが、大半の場合いつもとは違った新鮮な気分で時間をすごすことができるでしょう。出張先で効果的な仕事とリフレッシュをするためには、移動にストレスがかからないように工夫することをおすすめします。

荷物をなるべく減らす

出張時には衣服や仕事道具などを持ち運ぶため、荷物が多くなってしまいがちです。荷物が大きく重くなってしまうと移動に体力が奪われてしまい、大切な商談に支障が出かねません。そこで、飛行機を利用する出張ではなるべく荷物を減らす工夫をしましょう。そのコツは2つあります。1つ目のコツは小さめのカバンを使うことです。大きなカバンだと荷物が入るため、持っていくものを厳選せずに選んでしまいがちです。そのため持ち運べる量を制限したうえで、本当に必要な物だけ持って行きましょう。2つ目のコツが、現地調達することです。国内の出張であればだいたいどこへ行っても大抵のものは手に入ります。多少費用がかかってしまいますが、移動のストレスとその費用を天秤にかけて程よいバランスを探りましょう。

出張は仕事をしながら気分転換する機会

移動中の心の持ちようが出張を快適に過ごせるかどうかを決める要素のひとつとなります。出張には環境が変わる不安もありますが、出張先の見慣れない景色や美味しい料理と地酒などを楽しみにしながら移動していけば、おのずと楽しめる気持ちが高まるでしょう。

観たかったDVDを持参する

2014年9月以降、飛行機内での電子機器使用の制限が緩和されました。電波を発せない状態であれば、PCなどの利用が可能です。飛行機で出張する場合は、まとまった移動時間が取れるためこの機会に観たかったDVDを楽しむのもいいでしょう。

機内で身体をケアするグッズを忘れない

飛行機内は普段の環境とは少し異なります。そのため身体をケアするグッズがあれば、より移動が快適になります。飛行機内は地上と比べて約20%も湿度が低く乾燥しています。そのため、保湿効果のあるマスクを着用すると快適度が増すでしょう。飛行機の高度変化で耳が痛くなってしまう人がいます。そんな人には、気圧調節機能付きの耳栓がオススメです。自力では気圧に順応しにくい人でもこの耳栓があれば、気圧変化に影響されません。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »